金融派生商品の基礎的な知識

金融派生商品とは、株式や債券など、伝統的に用いられている金融商品のリスクヘッジに用いられるものを指します。リスクをそのままにしておくのは危険なことですから、それを回避するために様々な金融商品が開発されているのですが、それらを総称して言うことが多いです。具体的には先物取引とオプション取引が主なものとなります。お金01
先物やオプションと言っても、何を原資産とするのかによって様々なものがあります。日本で先物と言った場合には商品先物をさす場合が多いですが、デリバティブと言った場合には金融先物を指します。株価指数先物、債券先物、などが良く取り引きされていますし、それらのオプションも取り引きされています。個人向けのものとしては外国為替証拠金取引があります。FXと略されることも多いですが、これも為替レートに対する先物取引だと言えるでしょう。同じようなものとしてCFDがありますが、CFDは株価指数や債券などを対象としているという点で異なります。
オプションというと個人投資家はなかなか取り引きしにくいですが、カバードワラントを用いればリスクヘッジには使う事ができます。カバードワラントは、為替や株価指数などを対象としたものがあります。
クレジットカードおすすめはこちら!