キャッシュフローを交換する取引

スワップとは、交換という意味を持っていて、等価のキャッシュフロー取り換えする取引を総称していいます。
二者の間で同じ価値を持つ将来の一連のお金の流れを、互いに取り換える取引のことです。

この契約では、お金をいつ取り換えるか、その金額をどうやって計算するかを決めます。
この場合、一回だけでなく、長期にわたって数回行われます。
取引は、売り手一人に、買い手が一人の相対取引です。

また、スワップ取引は、取り換えるもので金利スワップと通貨スワップに分けられています。
金利スワップは、同じ通貨間の異なる種類の金利を取り換える取引のことで、普通は元本の交換がなく、金利計算のために元本を名目上決めておきます。これは、想定元本といいます。

お金10通貨スワップは、異種通貨間の異なる種類の金利を取り換える取引のことです。
この取引では、元本の取り換えもします。

スワップは、現物取引と比べるとコストが少なく、事務手続きなどが簡単なのが特徴です。
金利支払部分を取り換えるだけで、法的な手続きなどはありません。

スワップ取引が始まったころは、想定元本が変わらない簡単な取引で、これをプレインバニラと呼ばれていました。
しかし、最近は、想定元本が変化していく複雑な取引が行われるようになっています。

 

 

 

コメントは受け付けていません。