価格変動リスクを回避するヘッジ取引

先物取引はレバレッジを生かして、少ない金額で大きな利益を出すことのできる取引として知られていますが、
それ以外にも価格変動リスクを避けるための、ヘッジ取引として利用するのに大変有効な取引方法なのです。

お金04例えば農家などのように作物の価格が相場に影響されやすいものを商品として扱っている場合、
価格が高騰すれば大儲けだが、暴落すると大損をしてしまうと言った状況になってしまいます。
それでは生計をたてていくには不確定要素が高すぎて、作物を生産することはできません。
そこで、現在の価格で十分に利益を得られるだけの価格がついていのであれば、収穫期に合わせて売りの契約をします。
そして、収穫期になり作物を収穫したときに相場の価格が下落していた場合どうなるのかと言うと、
先物取引によって売り契約をしていたため現物での値下がり分を補填してくれるため損失が発生しません。

では逆に価格が高騰した場合はどのようになるかと言うと、先物取引で値上がり前の価格で売る契約をしていたため、
損失が発生してしまうように思いますが、実際には実際に収穫された作物の価格も上がっているために、
先物取引で発生した分の損失を補填することができやはり損失は発生しないのです。

このように先物取引は価格変動が激しい商品に対して、収支を確定させ利益を安定化することができるのです。

コメントは受け付けていません。